世界中に笑顔を広げるアーティスト RIEの作品集

右脳を育むアートスクール
「 EN 」(えん)
 
0歳から6歳頃は、もっとも脳が成長する「黄金期」と呼ばれています。脳は6歳くらいまでに急速に発達し、約80%完成します。この「黄金期」にイメージする力「右脳」を育む体験をたくさんさせてあげることで、もともと潜在している個人の才能が伸びる可能性が広がると言われています。
五感や感情を司る右脳を鍛えると、
①記憶力の向上。
②判断力の向上。
③クリェイティブな能力の開花。
という3つのメリットがあります。
 
ARTの力をかりて右脳を育み、心の柔軟力をつけていくことで、自分を知り、自分で自分をしっかり表現して行ける力を身につけていくアートスクールを目指しています。
 

 

*準備中です*

しばらくお待ちください。

 

☆*:.。こどものわくわくを育むWS。.:*☆臨床美術士によるWS

臨床美術(クリニカルアート)

日本臨床美術協会から認定を受けた臨床美術士(クリニカル・アーティスト)をお招きしてのワークショップです。

<イメージする力を育み伸ばす・脳を活性する・こころの解放>

「芸術」とは、見るもの、鑑賞するだけのものではありません。絵を描いたりオブジェを作るといった創作活動は、「芸術家」だけに許されたものではありません。
 
オリジナリティーや創造性は、高齢者から児童まで一人ひとり、だれもが本来もっているものです。心の中にある想いを、思い切り創作活動にぶつけることで、人の心は解放されていきます。また、創作活動には「脳」の活動が伴います。
 
臨床美術の一つの特徴である「心の解放」という視点から、企業がメンタルヘルスケアとして導入するなど、社会の多様な場面で臨床美術による効果に期待が寄せられています。

ワークショップ開催日程

○月〇日()00:00~
○月〇日()00:00~

参加予約フォーム

メモ: * は入力必須項目です